実印作成までの流れ、注意点など

実印作成は印面に注意

 

実印用の印鑑を作成するときのやり方は、他の印鑑を作るときと同じで大丈夫です。

 

 

注意点をあげるとすれば、「印面」です。

 

 

なぜ印面に注意する必要があるのでしょうか?

 

実印は役所で登録することで効力がでます

 

実印とは、自治体から印鑑証明をもらうことで証明力が強化された判子のことをいいます。

 

 

印鑑の印面を、役場のリストに登録しておくことで、何かトラブルがあったときに、その判子の持ち主を確認できる仕組みです。

 

 

また、「印鑑登録証明書」という紙を発行してもらえるので、銀行融資などのときにそれを使って証明したりします。

 

実印にシャチハタが使えない理由

 

このように、役所のお墨付きとして使われる実印ですが、

 

 

もし、同じはんこをみんなが使ったらどうなるでしょう?

 

 

たとえば、鈴木さんという苗字の人が、みんなホームセンターで買ったシャチハタを使う、ということは起こりえます。

 

 

こうなると、シャチハタは全く同じ型の大量生産ですから、印面はどれも同じなので、

 

 

印鑑を押したのが鈴木太郎さんなのか鈴木大輔さんなのか分からなくなるわけです。

 

 

これではまずいですね。笑

 

 

なので、シャチハタや三文判は役場の担当者から認められないこともあるそうです。

 

 

認めるかの判断は担当者次第です。

 

 

珍しい苗字だと、三文判でも大丈夫なこともあるようです。

 

印面が変わる材質もNG

 

実印は一度登録すると、その印鑑の変更手続きをするまで有効です。

 

 

もし、途中ではんこを壊して印面が変わってしまうと、そのはんこは使えなくなってしまいます。

 

 

印面に傷を付けて、印章が変わってしまった場合も同じく使えなくなります。

 

 

こういうことが起こるので、個人を特定する重要な証明制度ですから、

 

 

役所としても壊れやすい材質でできた印鑑を認めるわけにはいきません

 

 

ゴム印・スタンプ・雅印といった、変形しやすい材質も認められない場合があります。

 

実印は、丈夫な材質、唯一の印面で作りましょう。

 

実印を作る際は、丈夫な材質で、他の人と区別できる印面を心がけましょう。

 

 

このサイトにある印鑑サイトは、豊富な材質の中から、実印として認められる材質を自動的に絞ってくれるので、間違う心配がなく、安心です。

 

 

また、印面も、6つくらいの字体から選べ、印面の細かいオーダーもできるので、誰かとかぶる心配もありません。

 

 

 

 

大事な実印ですから、納得のいく印鑑を作ってくださいね!

 

 

全27業者の中から特に価格面でおすすめできるベスト3です。

 

2014年4月1日現在のデータをランキングしたものです。

 

ハンコヤドットコム

 

商品数が最も豊富。サイトがきれいに整理されていて非常に使いやすい。hankoya

 

ゴム印が370円から、シャチハタは600円からなど、非常に安い。

 

送料は5,250円以上で無料、未満は315円。

 

12:00までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

はんこdeハンコ

 

 

全商品が基本的に安い。

hankodehanko


認印などが450円から、実印が750円から買える。

 

オーダー品以外は午前中までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

ハンコヤストア

 

 

個人実印がなんと750円から、認印が450円から買える。

ハンコヤストア

 

発送は注文から1〜5日程度。

 

購入額に関わらず、全国一律、送料無料

 

 

> 詳しくはこちら <