実印と認印の違いについて

認印と実印の違い

 

印(印鑑)の種類たくさんありますが、実は押印の法的効力はどれも同じです。

 

どの印も、本人が意図をもって押印すれば本人の意思を示したひとつの証拠として扱われます。

 

 

印鑑の違いが重要になるのは、トラブルが起きた場合です。

 

印鑑のトラブルは、ほとんどが本人以外による本人を装った押印です。

 

このときに、契約が無効になるかどうか、その係争において押印の証拠能力が問われるのです。

 

 

実印を紛失したときのリスクが大きいというのは、実印の証拠能力がより強いことが理由です。

 

実印は役所に届出しており(印鑑登録)、役所の帳簿に印面が記録されています。

 

ですから、印が本人所有のものかどうかが確定できます(印鑑証明)。

 

そして、本人または代理人が意図して押したものと推定されることになります。

 

なので、その印が不正に使われたという点を証明しない限り、契約成立とみなされる可能性が高くなります。

 

 

認印の場合、多くの人が同じ印面のものを持っている可能性が高く(「三上」や「鈴木」といった苗字は特に)、入手も簡単なため、

 

まずは本人の印かどうかの確認から必要になるわけです。(多くの場合確認できないので他の証拠から判断することになります。)

 

 

なので、実印が不正に使われると、その後の契約破棄などがかなり不利になるということになります。

 

契約の慣習上、不動産や高額な契約、会社設立の手続等においては、実印を求められることが多くなっています。

 

 

 

と、少し難しい説明になりましたが、実印の意味をざっくり一言で言ってしまうと・・・・

 

「役所が認めた大事な印鑑である以上、押印の結果責任は所有者でとってください。」

 

ということになります。

 

 

 

ちなみに、実印の登録(印鑑登録)の際の判子は、他人と区別がつけばなんでもいいのですが、

 

実務上は、自治体の条例や役所の担当者の判断に任せられています。

 

なので、三文判でもOKなこともあります。実は結構適当なのです。

 

 

全27業者の中から特に価格面でおすすめできるベスト3です。

 

2014年4月1日現在のデータをランキングしたものです。

 

ハンコヤドットコム

 

商品数が最も豊富。サイトがきれいに整理されていて非常に使いやすい。hankoya

 

ゴム印が370円から、シャチハタは600円からなど、非常に安い。

 

送料は5,250円以上で無料、未満は315円。

 

12:00までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

はんこdeハンコ

 

 

全商品が基本的に安い。

hankodehanko


認印などが450円から、実印が750円から買える。

 

オーダー品以外は午前中までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

ハンコヤストア

 

 

個人実印がなんと750円から、認印が450円から買える。

ハンコヤストア

 

発送は注文から1〜5日程度。

 

購入額に関わらず、全国一律、送料無料

 

 

> 詳しくはこちら <