印鑑の種類について

印(印鑑)の種類

 

 

実印

 

役所に印鑑登録した判子のことです。
高額な契約や、会社設立などのときに押印と印鑑証明書をセットで求められることが多いです。
偽造や複製を防ぐため、読みにくい字体を使ったものが多くなっています。
8mm以上25mm以内で、字の部分が凸になっているものである必要があります。

 

 

 

銀行印

 

銀行口座や証券口座、クレジットカードの引落とし口座設定時に求められる印鑑のことです。
契約変更時などに本人確認するために使います。
銀行印を紛失すると、契約変更などが面倒なことになります。
規格などは会社によって違います。

 

 

 

認印

 

別名「三文判」。
実印は紛失した場合のリスクが大きいので、認印で済むような簡易な手続きには認印が使われることが一般的です。

 

 

 

訂正印

 

文書の修正に使われます。契約書や役所で使われる重要文書の修正が、正当な修正者によるものであることを証明します。
大きさは、文書の文字の大きさ程度で非常に小さいものが使われます。

 

 

 

会社印(角印と丸印)

 

角印は、法人や団体などが契約書などに押す印です。社名や団体名をあらわします。

 

丸印は、法人や団体の代表者印であり、登記しているため、実印と同等の効力を持ちます。

 

その他、会社銀行印を別に作る場合もあります。

 

 

 

職印

 

弁護士や会計士など、法律で定められた士業が業務で使うこととなっている印です。

 

 

 

公印

 

公的機関の印です。法律や条令によって、外部とやりとりされる契約書や覚書、内部で取り交わされる重要文書に使う印が定められています。
印は複数の役職に用意されており、決裁者の印を使うことになっています。

 

 

 

全27業者の中から特に価格面でおすすめできるベスト3です。

 

2014年4月1日現在のデータをランキングしたものです。

 

ハンコヤドットコム

 

商品数が最も豊富。サイトがきれいに整理されていて非常に使いやすい。hankoya

 

ゴム印が370円から、シャチハタは600円からなど、非常に安い。

 

送料は5,250円以上で無料、未満は315円。

 

12:00までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

はんこdeハンコ

 

 

全商品が基本的に安い。

hankodehanko


認印などが450円から、実印が750円から買える。

 

オーダー品以外は午前中までの注文で即日発送可能。

 

 

> 詳しくはこちら <

 

ハンコヤストア

 

 

個人実印がなんと750円から、認印が450円から買える。

ハンコヤストア

 

発送は注文から1〜5日程度。

 

購入額に関わらず、全国一律、送料無料

 

 

> 詳しくはこちら <